長野県飯田市のまちづくりカンパニー

長野県飯田市は天竜川の上流に開けたまちで、内陸性の気候にあたるところからりんご栽培が盛んなところです。
ここ飯田市の中心市街地には、中央通り、銀座通り、ユニー通りなどの街路に沿って、昔ながらの商店街が広がっています。
最近では商業の活性化だけではなく、定住を中心としたまちづくりを一体的に進めようというコンセプトのもとに、商工会議所や飯田市などが出資した「飯田まちづくりカンパニー」が組織されており、まちなかのリニューアル、空き店舗活用、イベントの企画運営などのさまざまな取り組みがはじまっています。
例えば、昔からあるなまこ壁の大型の土蔵を改修して、りんご狩りや動物園の観覧に訪れる観光客向けの交流拠点とした「三連蔵」には、洒落たレストランや飯田の地酒を提供するバーが開設されているほか、資料館や市民ギャラリーなども併設されています。
また、毎月の屋外ライブや名作映画の鑑賞会などが楽しめる会員制の「まちなか音楽・映画鑑賞事業」も定期的に行われています。